高血圧を改善しよう|基本となる食生活を見直すのが大事

男の人

バランスの良い食事

和食

高血圧の治療では、食事療法が鍵となります。食事療法と聞くと辛いダイエット食品のようなイメージを持っていると思いますが、高血圧の食事療法はむしろ色々な食材をバランスよく摂取することに重点を置いています。基本的には血圧に良いとされている栄養素を含む食材を選んで、同時に塩分や糖質、糖分といった高血圧を引き起こすような成分を避けた食事が理想的でしょう。特に日本人は塩分を摂りすぎてしまう部分があるので、注意が必要になります。湿気の多い日本では昔から食材が痛みやすくなっているので、塩をふんだんに使用して保存を行なってきたという経緯もあるので、現在でも塩辛い味付けが好まれています。また、尿として井戸に排出できるナトリウムの量は限界があるので、それを上回ってしまった塩分は体内に蓄積されてしまいます。なお、塩分以外にも食が欧米化しているので、脂質の摂り過ぎやメタボリックシンドロームにも高血圧は問題視されています。塩だけではなくて出汁をきかせた料理を摂取したり、ヘルシー志向が高い和食の中でもバランスのとれたメニューを選ぶことが大事です。

毎日食事を摂る中で、外食に行くときもあるでしょう。そこで気を付けたいのは一般的に外食メニューは味が濃くて塩分が多い傾向があるのを理解することです。高血圧の人が外食をする場合は前もってそのお店のメニューを調べて、カロリーや塩分量を確認することにしましょう。また、急に外食を行なうときのために自分が良く注文しているメニューやカロリー、塩分量をメモなどでチェックするのも有効ですよ。もし、食べ過ぎた場合はその後の食事から少しづつカロリーや塩分量を減らして調整していくように意識しましょう。