高血圧を改善しよう|基本となる食生活を見直すのが大事

男の人

食塩制限が大事

和食

中高年になってしまうと、自然に血圧の上がり下がりの話題になってしまうことがあります。高齢になってくるとそれだけ高血圧は身近な存在になってしまいます。そもそも血圧自体は心臓の働きで送り出された血が同若の壁を押す圧力のことで、運動や寒さを感じてしまうと上がってしまうのが特徴です。こうした一時的な血圧の上昇は高血圧とは呼びません。高血圧は、安静にしている状態でも血圧が常に正常値よりも高い状態です。血管に負担をかけていることから、血管の壁が傷ついてしまったり、柔軟性に欠けて動脈硬化を引き起こしやすいという悪影響を持っています。放置しておくと、大変危険な病気ですが、その一方ちゃんと健康診断を受けて家庭でも血圧を毎日決まった時間に測っていれば、病状が発生していない場合でも数値の変化で血圧の上昇を把握することが出来ますよ。

高血圧を改善するために気を付けないといけないことは食生活ですが、その中でも塩分量には注意しましょう。塩分を過剰摂取してしまうと、身体が血中の浸透圧を一定に保とうとして血液の水分が上昇してしまいます。その結果、末梢血管の壁にかかる抵抗が高くなって血圧が上がってしまいます。高血圧の治療で食塩制限が重要となっているのは、血圧が上がると判明しているからです。そのため、食塩生活を含んだ生活習慣の改善が望ましいとされています。また、食塩制限を行なうとなると、当然食事は自炊が中心となるでしょう。そこで、毎日の自炊を行なうことが出来ない場合は、あらかじめ食塩制限されている高血圧患者向けの弁当などを活用していきましょう。