高血圧を改善しよう|基本となる食生活を見直すのが大事

ウーマン

食塩制限が大事

高血圧は放置しておくと、色々な病気のきっかけになる恐れがあるので早めの改善が重要となっています。そこで、食生活の中で塩分量に注意しましょう。高血圧改善のためには食塩制限が大切です。

弁当

タンパク質を摂取する

タンパク質は高血圧を改善させるために欠かせない栄養素の1つです。タンパク質を摂取することで、傷んだ血管が修復して弾力性やしなやかさに優れている血管に修復してくれます。肉ではなくて、野菜や大豆などから摂取するようにしましょう。

高血圧を知ろう

食事

高血圧とは血液を送り出している心臓のポンプの圧力が高まっている状態になります。実際は食事や運動などのちょっとした行動でも血圧は高くなってしまいますが、高くなった血圧が常にキープしてしまうと高血圧と診断されてしまいます。もし、高血圧になったとしても自覚症状はないのが怖いところです。中には普段の生活習慣によって、血管の内壁に問題を持っている人もいます。潜在的に血管に何かしらの問題を抱えている人が高血圧担ってしまうと、脳卒中や心臓病になってしまう恐れが非常に高いです。日本人の30~40代のうち約半数は高血圧だと言われており、年齢が高くなるにつれてその割合も高くなってきているでしょう。また、血圧には収縮期血圧と拡張血圧の2つがあります。一般的に「上」「下」と呼ばれています。高血圧は3段階に分かれており、上の収縮期が140~159mmHgなら軽症高血圧になり、160~179mmHgなら中等度高血圧、180mmHg以上は重度高血圧と診断されてしまいます。飲酒や喫煙、運動後には血圧が高めになるので、時間帯によって数値は異なるでしょう。自分の正しい数値を把握したい場合は、ちゃんとリラックスした状態で毎日決まった時間帯に測定すると良いですよ。

高血圧を改善するためには血圧コントロールは欠かせません。また、生活習慣が影響している病気なので、最も基本となるのは食生活です。しかしながら、高血圧の場合は食生活を改善するのは中々上手くいかずに困難になる場合もあるでしょう。塩分やカロリーを抑えつつ、栄養が偏らないようなメニューを組む必要があります。そこで、高血圧患者が積極的に取り入れてほしいのは血圧を下げるために有効なタンパク質やカリウム、カルシウム、食物繊維などの栄養素となっています。

和食

バランスの良い食事

高血圧を治療したい場合は食事療法を積極的に取り組むことです。高血圧の食事療法は様々な食事をバランスよく摂ることが重要になっています。また、外食の際に注意すべきポイントを確認するようにしましょう。